Soundflower Mac

2.0b2

SoundflowerはMacで一つのアプリケーションから別のにオーディオを移すのに利用できます。ソフトウェアサウンドカードのように音声サインのルート化できます

SoundflowerはあなたのMacの音声を最大限に発揮させるために利用できるツールです。これはアプリケーション同士のサウンドをルート化するために使用できるアプリケーションです。なので音楽にこだわるユーザーの間では必須のツールです。Soundflowerを使用すれば音声を一つのアプリから出力して別のアプリに移動させる、などが可能となります。例えばMacで録音を行う際に非常に有効であり、複数の音楽ソースから作曲したい、もしくは二つもしくはそれ以上のプログラムから音楽を再生する高度なDJ機能のためにも使用できます。

古いプログラムですが、有益です

このプログラムの最盛期はMacパソコンが音楽界で最高のツールとされていた、そして音楽のルート化が必要だった数年前まででした。残念なことに2014年以降、開発陣はサポートを終了し、それ以降も使用され続けましたが、以前のようにではありません。現在メンテナンスを担当しているのはMatt Ingallsです。このプロジェクトの最初の開発者の一人であり、サポートは限定的なので多くのミュージシャンは別のプログラムを使用しています。

最近の問題の多くはAppleのオペレーションシステムが求めるデジタルサインに関連しています。しかしこの最新のバージョンではその問題を他のプログラムを利用せずにSoundflowerを使い続けたい場合には可能となっています。

Mac向けSoundflowerの特徴

  • 二つのコンフィグレーションオプション:2チャンネルもしくは64チャンネル。
  • 信号の複雑なルート設定を作成できます。
  • ミュージック作成者やDJに最適です。
  • 完全に無料です。
  • 最新のOSに対応しているサポート。

現在ではJack OS XやLoopbackのようなより興味深い代わりとなるツールが存在します。しかしそれでもここで紹介するこのツールを試してみてください。ソフトウェアデジタルカードそしてミュージックミキサーを使ってみましょう。

条件と追加情報:
  • 対応OS Mac OS X 10.9.
Matt Ingalls
1年以上前
今月
57 KB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続